ハトの跡(あと)その2

1月に発見した跡

に続き、昨日新たに発見されたのがこれ。今回も見事です。

木曜の私に続き次は息子が、そのあとは妻が…と、我が家の胃腸炎連鎖は続いている。もう1週間近く我が家はずっと病棟状態。自分自身がよくなっても家族が体を壊せば病院に連れて行ったり、代わりに食事を作ったり…と、当然やるべきことが増える、ここ数日はろくに絵も進まず焦りも募る。締め切りは待ってくれないのだ。さらに今週金曜日は白日会の会場当番。1日中会場内をぶらぶらと歩きまわることになる。ああ時間がたりない…。しかしようやく胃腸炎騒ぎもピークは越えたようでちょっと安心している。あとは”遅咲き”の娘が「おとうさん、おなか痛い。」なんて言い出さないことを願うばかり。

今朝、庭に出ると、我が家の胃腸炎騒ぎをよそにあたりはますます春らしさを増していた。梅は今がほぼ満開に近く、気付かぬうちにクリスマスローズはびっちり花をつけている。(”works”の2008年と2009年の欄に載せているクリスマスローズを描いた作品達は、それぞれこの時期庭で咲いたこのクリスマスローズを描いたものだ。)水仙もちらほら咲き始めているが、こちらの方はまだまだこれから。この先5月の半ばころまで、我が家の庭は花の盛りを迎える。(それ以降は秋の11月まで蚊の天国となる…。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です