あこがれの公園

 IMG_2812.jpg 実は先日まで韓国に行っていた。妻の実家。妻の母は今年70歳になる。韓国では70歳の誕生日を盛大に祝うらしいのだが、遠く日本にいてその日に合わせて韓国に行くのは難しく、何もできない我々がせめてできることと言えば孫たちの顔を見せに行くことくらい…、そんなわけで急きょ本来の誕生日にはまだ早いが誕生祝を兼ねて行くことIMG_2806.jpgにしたのだ。絵描きの特権は普通の人と違って時間が自由に使えること、旅行に行くのは観光シーズンなんか避けて安い時期にゆっくり行くことができる…なんて思っていたのに、子供が大きくなってくるとそうもいかなくなる。子供たちの学校やら幼稚園のスケジュールに合わせなければならない結果、一番高いゴールデンウイークの真ん中に行く羽目になった。お財布の中身は寂しくなるばかり…。

IMG_2834.jpg 「さあ、韓国に行くぞ!」と、半分涙を隠しながらに子供たちに伝えると、もちろん彼らは大喜び。ところで彼らの視点は大人のそれとはちょっと違う。いや、かなり違う。…全然違う。韓国に着くなり下の子が言う。「ハルモ二(おばあちゃん)んちに着いたらすぐ公園に行きたい!!」…実はもう行くことに決まった瞬間から5歳の娘が言い始めたセリフだった。

それはごく一般的な住宅地、ハルモニの家から歩いて2分もかからないところにある、日本にもそこらにありそうなありふれた小さな公園のこと。しかし娘にとってはそれが最大の目的地、いわば憧れの公園だったのだ。実際にハルモニの家につき、会いたかったハルモニに会って挨拶を交わすとすぐに公園に行こうとせがむ娘。ちょっと夕IMG_2775.jpg食までに間があったので妻を残して私が子供2人を連れて行くことにした。そこまでこだわった憧れの公園、行っていったい何をするのかと思えば、滑り台やらブランコに乗ったのはたったの数分だけ。「びーびーだまだ!!」地面を見てそこここに散らばっていたBB弾を発見した子供たちはひたすらそれを拾い出す。5年生の長男と5歳の娘。おとなげもなく(そりゃそうだ、大人じゃないもんな。)どっちがいっぱい拾えるかをケンカしながら競う姿は微笑ましいと言ったらいいのかばかばかしいと言ったらいいのか…。結局30分以上、大騒ぎしながら地面にへばりついていた。ほんと子供って足元しか見てないんだよなあ…。そういえばフランスにいた時も壮麗なベルサイユ宮殿を目の前にひたすら足元の駐車場の砂利で遊んでたり、はるか水平線上にそそり立つモンサンミッシェルの眺めに目もくれず、砂浜の生き物を見つけて大興奮したりしてたっけ。http://www.osamu-obi.com/blog/2011/05/post-98.html子供たちにとっては韓国もフランスも関係ない。どんな珍しい光景も美しい自然も、足元5メートル以内の光景には勝てないようだ。

IMG_2781.jpg

IMG_2780.jpg

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です