パリにカモメ?パリに暴走族?

たぶんあれはカモメだろう。横浜港でよく見たやつといっしょだ。でもパリには海がないはずだし…。ルーブルとコンコルド広場の間にあるチュイルリー公園にいる鳥は皆人懐こい。ハトはもちろん、スズメに似た、何という鳥か名前はわからないやつ、それから池のカモ。みんな観光客からえさをもらっているので何かあげようとすると寄ってきて、手から直接食べたりする。そいつらに交じっている白い奴がどうにもカモメにしか見えない。カモメは池にも住むんだろうか。それともカモメによく似た別の鳥?知っている人がいたら教えてほしいものだ。今日のチュイルリー公園には至る所に彫刻作品が展示されていた。アートフェアの作品だろうか。広いのでかなりの数があってもうるさく感じない。なかなか贅沢な展示会場。

オランジェリー美術館でモネの睡蓮の間を見る。以前期来た時は記憶違いでなければ地下にあったと思うのだが、今日行ってみると1階だった。そっくり1階に入れ替えたのか。会場はかなりの人出。この睡蓮の間は人の少ない静かな環境でゆったり見ると、シーンと静まり返って心の奥にしみわたるような感覚を覚えるのだが、この人の数ではそんな気分にはなれない。残念。

オランジェリーを出た後、ルーブルに行ってさっそく先日手に入れたフリーパスを試すことに。確か同伴者も無料と書いてあったのだ。ところがパスを見せて家族で入ろうとすると、駄目だという。結局妻の分95ユーロを買わされた(子どもたちは無料)。どういうわけだろう。今度は書類を持って見せてみるか。

帰る道、バスに乗っていると、何やら外がにぎやかに。見るとサイレンを鳴らしながらのバイクの行列。パリにも暴走族がいるのか?ところがその行列が半端ではない。行けども行けども終わりがない。おそらくは1キロから2キロ近くも続くものだった。そういえばこの前は、リュクサンブール公園の近くで自転車の大行列を見たっけ。周りの人たちも驚いているようで道端には見物客も集まってきていた。もしかして、これはデモのひとつかな?

今日はいろんな(?)の多い日だった。おまけは突然の大雨。ひょうまで降ったようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です